ホーム > ニュース( 47 件 )

4月新車販売台数 軽タントが1位 プリウスがついに10位圏外へ

4月新車販売台数 軽タントが1位 プリウスがついに10位圏外へ
4月の車名別国内新車販売ランキングが消費税増税を受けて変化。 ダイハツ「タント」が首位になるなど軽自動車が大半を占める。 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日発表した4月の車名別国内新車販売台数は、ダイハツの軽自動車「タント」が前年同月比で約2倍の1万9390台となり、初の首位に立った。 上位の常連だったトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は11位に急降下...

続きを読む

2014ワールドカーオブザイヤーはアウディA3に栄冠!!Mazda3(アクセラ)抑えて・・・

2014ワールドカーオブザイヤーはアウディA3に栄冠!!Mazda3(アクセラ)抑えて・・・
Mazda3(アクセラ)は世界各国のモータージャーナリストなどが選出する「2014ワールドカーオブザイヤー」のトップ3に選ばれた。トップ3に選ばれた車種は以下のとおりBMW4シリーズアウディA3マツダ Mazda3(アクセラ)米国で開催中の2014ニューヨークモーターショーにおいて、「2014ワールドカーオブザイヤー」を、新型アウディA3に授与すると発表した。世界22か国上、69名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプ...

続きを読む

イエローハット ガーミン社製 ドライブレコーダー 「GDR33J」を独占販売!!3月21日発売!!

イエローハット ガーミン社製 ドライブレコーダー 「GDR33J」を独占販売!!3月21日発売!!
イエローハットは、ガーミン社製ハイエンドドライビングレコーダー「GDR33J」の独占販売を、全国のイエローハットおよびグループ店舗で3月21日より開始した。ガーミン「GDR33J」は2.3インチディスプレイを搭載したドライブレコーダー「GDR32」の後継モデル。「GDR32」は価格.comドライブレコーダー部門で銀賞を受賞している評判の高い商品である。【商品特長】 ・GPS搭載、300万画素の高画質・高解像度ドライビングレコーダー...

続きを読む

iPhoneでクルマを操作。TouchStart(タッチスタート)発売 iPhoneで車が動く!!

iPhoneでクルマを操作。TouchStart(タッチスタート)発売 iPhoneで車が動く!!
株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:村田隆昭)は、平成26年3月3日にスマートフォンで操作できるエンジンスターター『 TouchStrat(タッチスタート)』を発売いたします。本体ユニットを、通常のリモコンエンジンスターター同様に車に取付け、専用のiPhoneアプリケーション(無料)から操作が可能となります。スマートフォンの無線機能(Bluetooth)を使用しており、最大3台のスマートフォンの登録が...

続きを読む

2014年1月の車名別販売ランキング

2014年1月の車名別販売ランキング
自販連(日本自動車販売協会連合会)は2月6日、2014年1月の乗用車車名別販売台数を発表した。 順位 メーカー 車種 台数 1位 ホンダ フィット 26,869 2位 トヨタ アクア 22,885 3位 トヨタ プリウス 20,162 4位 ...

続きを読む

新車のカタログ燃費は「偽装」? 低燃費車ほどカタログとの差が大きくなる傾向か?!

新車のカタログ燃費は「偽装」? 低燃費車ほどカタログとの差が大きくなる傾向か?!
クルマを購入する際に、燃費に注目する人は少なくない。ここ数年は自動車メーカーも「エコドライブ」を目指していて、ハイブリッド車(HV)をはじめ、こぞって「低燃費」を売り物にして競い合っている。 2013年は、トヨタ自動車の小型HV「アクア」が燃費世界一のガソリン1リットルあたり37.0キロメートルを達成し、ホンダの「フィットHV」を抜いた。軽自動車ではスズキの「アルトエコ」がリッター35.0キロメートルで、ダイハツ工...

続きを読む

新成人が欲しい車、5年連続で1位はキューブ

ソニー損害保険株式会社が今年の新成人(1993年4月2日~1994年4月1日生まれ)に対して調査。 今後、車を購入する可能性がある運転免許保有者と取得予定者726名に、購入するならどの車が欲しいか複数回答で聞いたところ、1位は「キューブ(日産)」(17.4%)、2位は「BMW(3シリーズ/5シリーズなど)」(15.0%)、3位は「プリウス(トヨタ)」(14.5%)となりました。キューブは新成人が欲しい車で5年連続トップとなりました。また、キューブ以...

続きを読む

General Motors (ゼネラル・モーターズ) パナソニック スマートフォンの画面で自動車をラジコンのように操作し車庫入れなどができるシステムを開発中

 General Motors (ゼネラル・モーターズ)  パナソニック スマートフォンの画面で自動車をラジコンのように操作し車庫入れなどができるシステムを開発中
パナソニック、米国自動車メーカー General Motors (ゼネラル・モーターズ) と共同で、自動車をスマートフォンでラジコンのように画面で操作できるシステムを開発中との報道。2014年内に試作車を製作し、2016年頃に実用化予定。産経新聞が報じた情報で、パナソニックは米国ゼネラル・モーターズと、自動車を遠隔操作するシステムを開発中としています。特長は、操作できる範囲で、スマートフォンの画面からエンジン始動、ドアの開...

続きを読む

平成26年度税制改正大綱」発表

自由民主党と公明党は12月12日、「平成26年度税制改正大綱」を発表した。自動車取得税自動車取得税については、消費税率8%への引上げ時において、平成22年度燃費基準を満たした自動車等の取得に係る税率を引き下げる。自家用自動車については5%から3%、営業用自動車及び軽自動車については3%から2%にそれぞれ引き下げるとともに、平成26年度までの措置であるエコカー減税の軽減率を拡充。エコカー減税については、平成27年度...

続きを読む

軽自動車税、1万800円に増税 4月以降の新車に限って増税!!

軽自動車税、1万800円に増税 4月以降の新車に限って増税!!
自民、公明両党は11日、軽自動車を持つ人が毎年自治体に納める「軽自動車税」について、2015年4月以降に買う新車(自家用四輪)を対象に、現行の1・5倍となる1万800円に増税することで合意した。今の保有車は年7200円で据え置く。 同じ軽自動車税がかかっている原付きバイク(50cc以下)は、今の1千円から2千円に、250ccを超える小型二輪車は4千円から6千円に上がる。農家などが使う営業用軽トラッ...

続きを読む

軽自動車税、現在の年7,200円を年10,000円超に 1.5倍から2倍の可能性!

660cc以下の軽自動車税(自家用四輪)は年7200円だが、排気量1千cc以下の普通小型車(自家用)の自動車税は年2万9500円と4倍以上の差がある。この差を埋めるため、総務省は4日、軽自動車税を現行の1・5倍の年1万800円と、2倍の年1万4400円とする2案を与党幹部に示した。今後増税となると自動車事態の売れ行きにも影響が出る可能性もあると思われる。ヤフーニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/h...

続きを読む

損保各社が保険料引き上げへ

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険は18日、任意加入の自動車保険の保険料をそれぞれ10月から引き上げる方針を固めた。上げ幅は三井住友が1.7%、あいおいニッセイが1%強となる。損害保険ジャパンと日本興亜損害保険も4月に平均2%の引き上げを実施した。東京海上日動火災保険も続く見込みで、国内損保大手は赤字が続く自動車保険の収支改善に動き出す。  自動車保険は国内損保会社の収入の半分を...

続きを読む

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク