ホンダ ソフトバンクと人工知能(AI)技術の分野で共同研究を開始 車と自らが感情をもって対話!!

ホンダは2016年7月21日にソフトバンクと共同で、人工知能(AI)技術の自動車などへの活用に関して
共同研究を始めると発表した。


自動車が運転者の感情を推し量るとともに、自動車自らも感情をもって運転者と対話できるシステムを目指す。

ニュースリリースより

Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所(本社:埼玉県和光市、代表取締役社長 社長執行役員:松本宜之)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙 以下、ソフトバンク)と協力し、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB株式会社が開発したAI技術「感情エンジン」のモビリティへの活用に向けた共同研究を開始します。

Hondaは、知能化研究開発のオープンイノベーションを更に強化するために、今年9月を目標に東京・赤坂に知能化技術の研究開発を行う新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」の開設準備を進めています。今回の共同研究は、AI技術のオープンイノベーションの取組みの一つとなります。

 共同研究では、運転者との会話音声やモビリティが持つ各種センサー・カメラなどの情報を活用することで、モビリティが運転者の感情を推定すると共に、自らが感情をもって対話するようにします。モビリティがさまざまな経験を運転者と共有し成長することで、運転者はモビリティが相棒になったような感情を抱き、更なる愛着を感じるようになることを目指します。

Hondaは、人とモビリティの新しい関係を創り出すことを目指し、これからもAI技術の開発に尽力していきます。

※「感情エンジン」について
cocoro SB株式会社が開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有する


honda_rog_01.png

ホンダ
http://www.honda.co.jp/
ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2016/c160721.html
ソース
http://jp.reuters.com/article/honda-softbank-idJPKCN1010DF





follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク