ホーム > 日本車 >トヨタ >トヨタ 新型 ハリアー ハイブリット JC08モード燃費21.8km/L 2013年12月2日と2014年1月15日に発売!!すでに1万台受注!! 

トヨタ 新型 ハリアー ハイブリット JC08モード燃費21.8km/L 2013年12月2日と2014年1月15日に発売!!すでに1万台受注!! 

トヨタ自動車は13日、多目的スポーツ車(SUV)「ハリアー」を全面改良し、12月2日に発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)は来年1月15日に発売する。車線をはみ出す恐れがある場合に警報を発しながら運転操作を助けるなど、安全運転の支援機能を充実させた先進性をアピールする。月2500台の販売を目指す。

2013年12月2日ガソリン車発売  272万円~378万9000円

2014年1月15日ハイブリッド車発売 361万円~447万円

トヨタが全面改良して発売する「ハリアー」と、発表会で車を紹介する俳優の佐藤浩市さん(13日、東京都江東区)
ハリアーの全面改良は2003年以来、10年ぶり。12年7月に2代目ハリアーの生産を休止したが、
顧客の強い要望があったため、新型車を投入する。

HVでは排気量が2500ccのエンジンとHVシステムをあわせた。燃費(JC08モード)は
ガソリン1Lあたり21.8km。排気量が同等のクラスではトップ級の環境性能を実現した。

前方の車両や障害物をレーダーで見つけるとブレーキを制御して衝突を避ける機能を標準装備した
予防安全技術プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー)モデルを用意した。

価格は272万~447万円。HVは排気量3000ccのエンジンと組み合わせた前モデルに比べて80万~90万円抑えた。
値ごろ感を高めて20~30代の顧客も開拓する。

10月中旬からの約1カ月間で、
すでに1万台超の受注が入り、うち20~30代の割合が3割を占めるという。
ハリアーは、「クロスオーバーSUV」の草分け的存在で、
1997年の発売以降、国内外の自動車メーカーがこぞって追随した。

harrier_001.jpg

harrier_003.jpg

harrier_007.jpg

harrier_008.jpg

harrier_005.jpg

harrier_006.jpg

harrier_004.jpg

新型ハリアー
モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
GRAND 直列4気筒DOHC 2.0リッター CVT 2WD(FF) 2,720,000円
4WD 2,909,000円
ELEGANCE 2WD(FF) 2,800,000円
4WD 2,989,000円
PREMIUM 2WD(FF) 3,050,000円
4WD 3,239,000円
PREMIUM “Advanced Package” 2WD(FF) 3,600,000円
4WD 3,789,000円

新型ハリアーハイブリッド
モデル ハイブリッドシステム・駆動方式 価格
GRAND 直列4気筒DOHC 2.5リッター「2AR-FXE」+THS II+E-Four(電気式4輪駆動) 3,610,000円
ELEGANCE 3,670,000円
PREMIUM 3,920,000円
PREMIUM “Advanced Package” 4,470,000円


トヨタ自動車
http://toyota.jp/harrier/
日本経済新聞より
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD130J4_T11C13A1TJ0000/
先代ハリアー比較表
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-46.html
ニュースリリース
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/11/nt13_070.html



この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク