ホーム > 日本車 >三菱 >三菱自動車 eKワゴン eKスペース62万5千台 燃費試験における不正行為 燃費を実際以上によく見せる不正な操作をしていた!!

三菱自動車 eKワゴン eKスペース62万5千台 燃費試験における不正行為 燃費を実際以上によく見せる不正な操作をしていた!!

三菱自動車工業は2016年4月20日に2013年6月から生産されたeKワゴン/ eKスペースと、
日産自動車向けに供給している デイズ / デイズルークス
計4車種62万5000台が該当する
燃費試験における不正行為があったという告を受けて記者会見を実施した。

型式認証取得の燃費試験において不正行為があり
記者会見に出席した三菱自動車工業株式会社 取締役社長兼COOの相川哲郎氏は、「申し訳ございませんでした」
とお詫びの言葉を述べた。

記載されているJC08モード燃費よりも実際には6%〜10%低いという。

三菱自動車工業株式会社 ニュースリリースより

2013年6月から当社で生産している『eKワゴン』『eKスペース』と、日産自動車向けに供給している『デイズ』『デイズルークス』の計4車種です。これまでに当社は計15万7千台を販売し、日産自動車向けには計46万8千台を生産しています(2016年3月末現在)。

燃費試験については、該当車のいずれについても、開発を担当し認証届出責任を持つ当社が実施していました。
次期車の開発にあたり、日産自動車が該当車の燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、
当社が試験で設定した走行抵抗値について確認を求められました。これを受けた社内調査の結果、
実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正を把握するに至ったものです。
該当車にお乗り頂いているお客様に対しては、今後、誠実に対応させて頂きます。


三菱自動車は2000年(平成12年)に発覚した三菱自動車工業(三菱自工)の乗用車部門および
トラック・バス部門(通称"三菱ふそう"、現在の三菱ふそうトラック・バス)による、大規模なリコール隠し事件が
あり経営不振となり再建を目指している最中であった。

ek_wagon_new_01.jpg
ekワゴン
ek_space_new_01.jpg
ekスペース

DAYZ_97584782.jpg
日産デイズ




三菱自動車工業ニュースリリース
http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detailg420.html





この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク