ホーム > 日本車 >トヨタ >トヨタ 新型 マークX フルモデルチェンジ ハイブリッドモデル & 2Lターボ & 1.4Lターボ 3代目 TNGAプラットフォーム 2018年11月頃発売!!

トヨタ 新型 マークX フルモデルチェンジ ハイブリッドモデル & 2Lターボ & 1.4Lターボ 3代目 TNGAプラットフォーム 2018年11月頃発売!!

トヨタは3代目となるマークXを開発中だ。

初代マークXが2004~2009年の6年間、二代目が2009年~現在発売中だが2018年で丸9年となり
フルモデルチェンジの時期が近づいている

セダン市場ではホンダがアコードハイブリッドを出すなどハイブリッド化が進んでおり
トヨタも最近では、新型クラウンでハイブリッド化を進めており、次にマークXがモデルチェンジのタイミングで
ハイブリッド化される予定だ。

エンジンはフルモデルチェンジ予定の新型カムリと同じ
小型化された、THSⅡ 2.5L+モーターを採用
すると思われる。

燃費もJC08モードで25km/Lぐらいは予想できそうだ。

また、2014年7月に出たLEXUS NX200t2015年10月1日にマイナーチェンジした
クラウン
に搭載の直4 2Lターボ 最高出力235ps/5,800rpmsを搭載
しスポーティセダンをアピール。

さらにダウンサイジング化として新開発の直4 1.4Lターボ 最高出力150psを搭載し
燃費と走りを両立したモデルも登場予定だ。

新型プリウスから採用されたTNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る
現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる!!

ヘッドライトはBi-Beam LEDとLEDデイライトを採用する!!

衝突回避支援パッケージ
Toyota Safety Sense P」を採用する!!

ITS Connect

ITS専用周波数(760MHz)を活用したITS Connectを世界初採用。クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号などの情報を、道路に設置されたインフラ設備とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援
路車間通信システム(DSSS : Driving Safety Support Systems)

右折時注意喚起
交差点で右折待ち停車時に、接近する対向直進車や右折先の歩行者がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しようとした際、見落としている可能性が高い場合には、表示とブザー音により注意喚起 赤信号注意喚起 赤信号交差点に近づいてもアクセルペダルを踏み続けているなど、ドライバーが赤信号を見落としている可能性がある場合に、表示とブザー音により注意喚起

信号待ち発進準備案内
赤信号で停車したとき、赤信号の待ち時間の目安を表示

車車間通信システム(CVSS : Connected Vehicles Support Systems)
通信利用型レーダークルーズコントロール
先行車が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車両の場合、車車間通信により取得した先行車両の
加減速情報に素早く反応して、車間距離や速度の変動を抑え、スムースな追従走行を実現

緊急車両存在通知
サイレンを鳴らしている緊急車両(救急車)が存在する場合に、ブザー音が鳴り、緊急車両の自車に対するおよその方向・距離を表示

気になる発売日は2018年11月頃発売を目指している。

mark-x.jpg

現行マークX

スペック 新型マークX
全長 4,700mm
全幅 1,810mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,870mm
エンジン 直列4気筒2.0L直噴ターボエンジン
最高出力 235ps/5,800rpm
最大トルク 35.7kgm/4,400rpm
トランスミッション パドルシフト付き8AT
JC08モード燃費 14.5km/L
価格 250 ~350万円




今後情報が入り次第更新致します。


この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク