ホーム > 日本車 >日産 >日産 新型 セレナ 新グレード「ハイウェイスター Sエディション」を追加 自動ブレーキを全グレードに標準化 2015年11月25日発売!!

日産 新型 セレナ 新グレード「ハイウェイスター Sエディション」を追加 自動ブレーキを全グレードに標準化 2015年11月25日発売!!

日産は新型セレナに新グレード「ハイウェイスター Sエディション」と、
エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を標準装備した20Sを2015年11月25日発売すると発表しました。

20S 2WD 2,285,280円
20S 4WD 2,566,080円
ハイウェイスターSエディション 2WD 2,398,680円
ハイウェイスターSエディション 4WD 2,679,480円

新グレードの「ハイウェイスターSエディション」は、今回自動ブレーキを標準装備した「20S」をベースに、
スタイリッシュなフォルムの「ハイウェイスター」専用エクステリアを採用するとともに、
人気装備のワンタッチオートスライドドア(助手席側)や、プッシュエンジンスターター、
UVカット率約99%のスーパーUVカットガラス(フロントドア)を採用し、高い利便性と快適性を備えながら、
車両本体価格を230万円台と大変お買い求めやすい設定としました。

「セレナ」に搭載されているエマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、
衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促します。
万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、
または衝突時の被害や傷害を軽減するシステムです。
またLDWは、フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合、
メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起し、
クルマを車線内走行に戻す操作を促します。それらの先進安全技術の優れた性能が、
平成27年度の予防安全性能評価において認められ、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を
獲得しています。
今回、「20S」にエマージェンシーブレーキを標準装備したことによって、
「セレナ」は全グレード自動ブレーキ標準装備となりました。

serena_0009877.jpg
ハイウェイスターSエディション


全長 4685mm
全幅 1695mm
全高 1865mm
ホイールベース 2860mm



日産ニュースリリース
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2015/_STORY/151125-01-j.html

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク