ホーム > 日本車 >スズキ >スズキ 新型 スペーシア スペーシア カスタム マイナーチェンジ S-エネチャージ搭載 軽初のステレオカメラ衝突被害軽減システム搭載 2015年5月19日発売発売

スズキ 新型 スペーシア スペーシア カスタム マイナーチェンジ S-エネチャージ搭載 軽初のステレオカメラ衝突被害軽減システム搭載 2015年5月19日発売発売

スズキは、軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を一部改良し、
クラストップレベルの低燃費32.0km/Lを達成するとともに、軽自動車で初めてステレオカメラ方式の
衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載して、5月19日より発売する。

今回の一部改良では、スペーシア スペーシア カスタムのNA(自然吸気)車に、
静かでスムーズなアイドリングストップからのエンジン再始動を実現した「S-エネチャージ」を搭載した。

さらに、モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」と燃焼効率を高めるなど改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、クラストップレベルのJC08モード燃費32.0km/Lを達成。

NA全車をエコカー減税の免税対象車とした。
軽自動車として初めて2つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム
「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載。

1.前方衝突警報機能
約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能
衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

*前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能は、前方衝突警報ブレーキ機能または自動ブレーキ機能と同時に作動することがあります。

4.自動ブレーキ機能
衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

*対象が車両の場合 :約5km/h~約50km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。
*対象が歩行者の場合:約5km/h~約30km/h未満であれば、衝突を回避できる場合があります。



約5km/hから約100km/hの速度域で車両や歩行者を検知し、警報や自動ブレーキで衝突の回避、
または衝突時の被害軽減を図るシステムで、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などとセットで全車にメーカーオプション設定し、安全装備を充実させた。

また、自車を真上から見ているような視点で周囲を確認でき、駐車場や狭い道でのすれ違いで便利な全方位モニター※5や、「ナノイー」搭載のフルオートエアコン、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)などを採用し利便性や快適性を高めたほか、質感を高めた内外装デザインを採用した。

スペーシア:127万4400円~150万3360円
スペーシア カスタム:152万8200円~176万2560円

「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に「S-エネチャージ」を搭載したターボモデルは、
2015年8月に発売を予定している。


spacia_938491.jpg
スペーシア カスタム
spacia_938492.jpg

spacia_938492125.jpg

spacia_938492126.jpg

spacia_9384921.jpg
スペーシア
spacia_93849212.jpg

spacia_93849213.jpg


スズキニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/a/2015/0519/


この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク