ホーム > 日本車 >ホンダ >ホンダ 新型 フィット ハイブリッド マイナーチェンジ i-DCD(スポーツハイブリッド)を改良 JC08モード燃費37.2km/L 「Honda SENSING搭載 」2017年6月下旬発売へ!!

ホンダ 新型 フィット ハイブリッド マイナーチェンジ i-DCD(スポーツハイブリッド)を改良 JC08モード燃費37.2km/L 「Honda SENSING搭載 」2017年6月下旬発売へ!!

ホンダは新型フィットの初のマイナーチェンジを2017年6月下旬発売する!!

予想価格:130~230万円

今回のマイナーチェンジでは以下の変更点がある。
先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を装備。
エクステリアデザインを変更、よりスポーティなデザインを採用。
インテリアは質感を高め心地よさを追求したシートを採用。
エンジン周りのブラッシュアップを図り燃費向上を図る。

FIT3_2018_02.jpg

新型フィット マイナーチェンジモデル FIT_6574637289485.jpg 現行フィット



新型フィットのテスト走行の目撃情報が入っている。

そして、エクステリアも変更が行われ、
シャトルやヴェゼルの様なフロントデザインに変更される!!


SHUTTLE_094831.jpg
新型シャトル(フィットシャトル)

フィットについて


FIT_6574637289488.jpg

FIT_6574637289489.jpg

現行の3代目フィットは2013年9月6日から販売を開始、以降ホンダの主力車種として
販売を続けている。

相次ぐリコールも続くが販売台数はトップ10入りを果たし続けている人気車種だ。

2014年10月9日に一部改良が行われ、

「13G」・「13G・Fパッケージ」を除く
ガソリン車全車に「あんしんパッケージ」を標準装備化
するとともに「13G」を除く全車にIRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウインドウガラス、
IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス、オートリトラミラーを、
「13G・Fパッケージ」にはフルオート・エアコンディショナーを、「15XL(「15X」から改名)」は
運転席&助手席シートヒーターをそれぞれ標準装備した。

フィット 2015年9月25日に一部改良主な変更点について


FIT_76848982.png
ホームページを先行で公開

一部改良 新型フィット
フィット ハイブリッド Fパッケージ 2WD
ミッドナイトブルービーム・メタリック 

エクステリアデザインの変更とボディカラーの追加
・フロントグリルをより立体的で質感の高いデザインに変更
・ハイブリッド車のフルホイールキャップをよりシャープな印象のデザインに変更
・ハイブリッド車のボディカラーに、プレミアムブルーオパール
・メタリックとミッドナイトブルービーム・メタリックを追加

快適装備の充実
・プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを13G、HYBRIDを除く全タイプに標準装備
・13G・F/L/Sパッケージに、セキュリティアラーム、ラゲッジルームランプ、
 助手席シートバックポケットを標準装備
・13G・L/Sパッケージに、クルーズコントロールを標準装備
・15XL、RSに、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」と「コンフォートビューパッケージ」を標準装備
・HYBRID・F/L/Sパッケージに、ナビ装着用スペシャルパッケージを標準装備
・HYBRID・Fパッケージに、セキュリティアラームとラゲッジルームランプを標準装備
・HYBRID・L/Sパッケージに、コンフォートビューパッケージを標準装備

129万9800円~222万1000円

一部改良でエンジンのラインナップが変更されると思われていたが残念なことになかった。

フィット初のマイナーチェンジについて


フロントグリルとLEDライトを一体デザインしワイド感を強調したデザインとしている。

エクステリアはスポーティさを際立たせた新デザインバンパーやLEDヘッドランプ、LEDフォグライト、LEDリアコンビネーションランプ、ボディを引き締めるブラックドアミラー、などを装備。

FIT3_2018_01.jpg 新型フィット エクステリア

FIT3_2018_03.jpg 新型フィット インテリア

インテリアには質感を高め心地よさを追求したシートを採用した。
先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を装備し、安全性を向上させた。

エンジン燃費向上


エンジンユニットは3つ(ハイブリッド、1.3Lガソリン、1.5Lガソリン)とスポーティーモデルには専用装備を備える。

また、ハイブリッドモデルも現在、JC08モード燃費36.4km/Lから
i-DCD(スポーツハイブリッド)の改良を加え

トヨタ・アクア(JC08モード燃費37.0km/L)を超える
JC08モード燃費37.2km/Lへ
引き上げられる可能性が高い!!

新型フィット 先進運転支援システム
Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載


また、2014年10月に行われた、「あんしんパッケージ」を
ホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へと
変更され安全性での向上も今後図られる。

<衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)>
<路外逸脱抑制機能>
<LKAS(車線維持支援システム)>
<渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール>
<標識認識機能>
<誤発進抑制機能>
<先行車発進お知らせ機能>

新型フィットマイナーチェンジモデル グレードについて


1.3L i-VTECエンジン搭載
1.3G
1.3G Sパッケージ Honda SENSING

1.5L i-VTECエンジン搭載
1.5XL
1.5XL Honda SENSING

1.5L i-VTECエンジン搭載 走りを感じる装備をプラスした、スポーティーモデル
RS
RS Honda SENSING

1.5L i-VTECエンジン+i-DCDモーター搭載
HYBRID
HYBRID Sパッケージ Honda SENSING

新型フィットマイナーチェンジモデル ボディカラーについて


ルージュアメジスト・メタリック※
プレミアムホワイトパールⅡ
スカイライドブルーメタリック※
クリスタルブラック・パール
プレミアムイエローパールⅡ
プレミアムクリスタルレッドメタリック
ブリリアントスポーティブルーメタリック
プレミアムアガットブラウンパール※
ルナシルバーメタリック
ミッドナイトブルービームメタリック
シャイニンググレーメタリック
サンセットオレンジⅡ

※RS Honda SENSINGを覗く

スペック 新型 フィットハイブリッド
全長 3,955mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTEC+新型i-DCD
最高出力 110ps/6,000rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 16.3kgm/0-1,313rpm
JC08モード燃費 37.2km/L
価格 170万円〜



今後の新型フィットについて


今後のマイナーチェンジで、2013年11月19日にホンダが発表した新型エンジン、
1.0L 3気筒直噴ガソリンターボエンジンをRSグレードに搭載
する!!

ダウンサイジング化+ターボで走りと燃費を両立
最大出力127ps 最大トルク20.4kgmとかなり力強い走りができる。
JC08モード燃費30km/L前後となりそうだ、

この流れは、ステップワゴンフリードなどダウンサイジングターボを次々と搭載していくだろう。

スペック 新型 フィット
全長 3,955mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 直3 1.0L 直噴ターボ
最高出力 127ps
最大トルク 20.4kgm
JC08モード燃費 30km/L
価格 140万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2014/4141024.html
http://www.honda.co.jp/news/2013/4131119b.html
http://www.honda.co.jp/news/2015/4150917-fit.html

フィット
http://www.honda.co.jp/Fit/new/


この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク