ホーム > 日本車 >スバル >スバル アイサイト EyeSight ver.3 衝突回避を従来の最大約30km/hから最大約50km/h以内に向上!

スバル アイサイト EyeSight ver.3 衝突回避を従来の最大約30km/hから最大約50km/h以内に向上!

ついにスバルアイサイトがver.3まで進化した。
アイサイトver.3は予約が開始したレヴォーグに搭載される。
驚きの昨日は以下の通りだ。

ai_new_01.jpg

スバルホームページ抜粋

ステレオカメラの進化により、衝突回避もしくは被害を軽減する速度差(対象物間)を、従来の最大約30km/hから最大約50km/h以内*3に向上。視野角を広げたことで横断歩行者の認識もより早い段階で行います。

認識範囲の拡大により、割り込まれた時やコーナーでの追従性を向上。さらにカラー画像化によって先行車のブレーキランプの点灯を認識し、より滑らかで自然な加減速を行います。

eyesight_point_image03.jpg

◎車線中央維持
「全車速追従機能付クルーズコントロール」をセットし、約65km/h以上で走行している場合、車線内中央を維持するようステアリング操作のアシストを行います。ドライバーの運転負荷を大幅に軽減するとともに、安定した走りを提供します。
◎車線逸脱抑制
自動車専用道路などを約65km/h以上で走行している場合、車線からはみ出しそうになると注意を促します。それと同時にステアリング操作のアシストを行い、車線からの逸脱を抑制。安全運転を支援します。


eyesight_point_image05.jpg

従来の「発進」に加え、「後進」への対応を実現。Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知し、誤後進とシステムが判断した場合、警報音と警告表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑え後進をゆるやかにします。

eyesight_point_image04.jpg

衝突の危険があるときに、ステアリング操作による衝突回避操作があった場合、VDCの車両統合制御によってドライバーをアシストします。

カラー画像化により、先行車のブレーキンランプを認識

ステレオカメラの認識範囲を拡大

アクティブレーンキープ

AT誤後進抑制制御

プリクラッシュステアリングアシスト



スバルホームページ アイサイトver.3ページ
http://www.subaru.jp/levorg/levorg/eyesight/




この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク