ホーム > 日本車 >ホンダ >ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING搭載 2017年9月発売へ!!

ホンダ 新型 シャトル ハイブリッド マイナーチェンジ Honda SENSING搭載 2017年9月発売へ!!

ホンダは新型シャトル/シャトルハイブリッドの初のマイナーチェンジを2017年9月に行い発売を開始する。

予想価格 ガソリンモデル:179~198万円
ハイブリッドモデル:209~265万円

新型シャトル マイナーチェンジモデルの変更点は?


今回のマイナーチェンジでは以下の変更点がある。
先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を装備。
エクステリアデザインを変更、よりスポーティなデザインを採用。
インテリアは質感を高め心地よさを追求したシートを採用。
エンジン周りのブラッシュアップを図り燃費向上を図る。

シャトルについて


20150417144433c2349.jpg
現行 シャトル

20150417144521827.jpg

フィットシャトルを車名変更し新型「シャトル」として2015年5月15日から販売を開始した。

フィットシャトルはフィットがベースとなったエントリークラスのステーションワゴンであり、 エアウェイブの実質的な後継車である。

新型シャトルも同様、フィットをベースに作られている!!
現行フィットをステーションワゴンとしてスタイリッシュに仕上げる。
ライバル車種はトヨタのカローラフィルダーである。

新型シャトル マイナーチェンジモデルについて


2017年6月に発売される新型フィットをベースにし、初のマイナーチェンジでエクステリアはスポーティさを際立たせた新デザインバンパーやLEDヘッドランプなどを装備。インテリアには質感を高め心地よさを追求したシートを採用。 先進安全運転支援システム「Honda SENSING ホンダ センシング」を装備し、安全性を向上させた。

また、ハイブリッドモデルも現在、JC08モード燃費34.0km/Lからi-DCD(スポーツハイブリッド)の改良を加え JC08モード燃費36.0km/Lへ引き上げられる可能性が高い!!

ライバル車種のトヨタ カローラフィルダーハイブリッドはJC08モード燃費33.8 km/Lなので差を出すことができる。

新型シャトル 先進運転支援システム
Honda SENSING(ホンダ センシング)搭載


また、2014年10月に行われた、「あんしんパッケージ」を
ホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へと変更され安全性での向上も今後図られる。

運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備される。

あんしんパッケージをホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へ と変更され安全性での向上も今後図られる。

2017年8月31日に発売される新型N-BOXにも初搭載された「後方誤発進抑制機能」を搭載。
2017年7月6日に発表した新型グレイスでホンダ車初搭載した「オートハイビーム」も搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。
約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

路外逸脱抑制機能
車線を検知し、はみ出さないように支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 LKAS(車線維持支援システム)
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。
30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し注意を喚起。
停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能
停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

オートハイビーム
対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。
良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

スペック 新型 フィットハイブリッド
全長 4,400mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTEC+新型i-DCD
最高出力 110ps/6,000rpm
最大トルク 13.7kgm/5,000rpm
モーター最大出力 29.5ps/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 16.3kgm/0-1,313rpm
JC08モード燃費 36.0km/L
価格 209~265万円


最後に一言


ホンダのシャトルはフィットをベースにエントリークラスのステーションワゴンとして一定の需要があるものの最大の欠点先進安全技術の装備である。 ライバル車種のトヨタ カローラフィルダーハイブリッドは先進技術の「Toyota Safety Sense C」搭載しており現行では安全装備面で遅れをとる状況であった。

しかし、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載により「Toyota Safety Sense C」よりもパッケージ項目が多く、燃費、安全面で上回ることになる。


選択肢としてもシャトルは非常に魅力的な商品となった。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ホンダ シャトル
http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク