ホンダ 新型 クラリティ エレクトリック/プラグインハイブリッド 2017年から発売開始!!

ホンダは新型「クラリティ エレクトリック」「クラリティ プラグインハイブリッド」を
2017年内に米国から販売を開始する。

「クラリティ エレクトリック」は電気自動車(EV)
「クラリティ プラグインハイブリッド」はプラグインハイブリッド車((PHEV)
既に販売が開始されている、「クラリティ フューエル セル」が燃料電池車で3タイプのラインナップとなる。
Honda-Clarity-Series-01.jpg

クラリティ フューエル セルについて


FCV新型車を第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)で
新型「クラリティ フューエル セル」(CLARITY FUEL CELL)を世界初公開した!!

HONDA_0492721.jpg

クラリティ フューエル セル
全長:4.915mm
全幅:1,875mm
全高:1.480mm
ホイールベース:2.750mm
車両重量:1,890kg

市販車として世界で初めて小型化した高圧水素貯蔵タンクによりボンネット内に
燃料電池パワートレインを集約することで、大人5人が快適に座れるセダンスタイルを採用した。

HONDA_0492722.jpg

honda-clarity_6771.jpg

従来よりも33%も小型化した出力密度3.1kW/Lの水素燃料電池スタック
燃料電池最高出力は100kW以上を発生する。
70MPaの高圧水素貯蔵タンク3分程度でフル充填可能な70MPaの高圧水素貯蔵タンク

リチウムイオンバッテリーのパワーアシストを加えて電気モーターの出力は130kWを達成した。

70MPaの高圧水素貯蔵タンクでJC08モード700kmの距離の走行可能と発表された。

ドライブモード選択で「ノーマル」と「スポーツ」を選択可能。
外部給電用インバータとの接続で、家庭や公共施設へ電力を供給可能。
一般家庭のおよそ7日分の電力をまかなえる。

honda-clarity_6762.jpg


クラリティ エレクトリックとプラグインハイブリッドについて


燃料電池車「クラリティ フューエルセル」と共通のプラットフォームを採用。

世界で初めて同一プラットフォームにPHEV、EV、そして燃料電池自動車(FCV)という3種類の
電動パワートレインの選択肢を取り揃え、5人乗りの広く上質な室内空間を誇る
ミドルサイズクラスセダンにさらなる価値を提供する。

ソース
http://www.automobilemag.com/news/honda-clarity-electric-plug-will-debut-new-york-auto-show/
ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170309.html







follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク