メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス マイナーチェンジ 一部改良 2017年2月1日発売!!

メルセデス・ベンツは新型Cクラス セダン、ステーションワゴン、クーペのマイナーチェンジ
一部改良と価格を改定して2月1日発売した。

価格:436万~1423万円

c-class_2017_0111.jpg



Cクラスセダンおよびステーションワゴンに、これまで6気筒モデルだけに設定されていた
全天候型フルタイム四輪駆動システム「4MATIC」を4気筒ガソリンモデルにも設定した
「C 200 4MATIC アバンギャルド」をラインアップに追加しました。また、
Cクラスクーペには、500万円を切るエントリーモデルとして「C 180 クーペ」を追加しました。

Cクラスセダンおよびステーションワゴンの主な変更点
 装備内容を見直し、標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をオプション設定とし、
メーカー希望小売価格を改定(消費税込み-20万円)。C 180 ステーションワゴン
には「レーダーセーフティパッケージ」を新たにオプション設定。

(対象モデル: C 200 アバンギャルド、C 220 d アバンギャルド
※ステーションワゴンはスポーツ、本革仕様含む。
C 180 ステーションワゴンの価格改定はありません)
 「メルセデス レーダーセーフティ無料キャンペーン*」の対象モデルとして追加

(対象モデル: C 180、C 180 アバンギャルド、C 200 アバンギャルド、
C 220 d アバンギャルド、C 200 4MATIC アバンギャルド
※ステーションワゴンはスポーツ、本革仕様含む。)
*:キャンペーン詳細は別紙参照

 4気筒ガソリンエンジンを搭載するモデルのトランスミッションを、従来の7速から
メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション
「 9 Gナインジー-TRONICトロニック 」に変更。
メルセデス・ベンツの中での最も変速段数が多いこのトランスミッションは、1つの
ギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、
高い快適性と静粛性を実現。

(対象モデル: C 180、C 180 アバンギャルド、C 200 アバンギャルド、
C 200 4MATIC アバンギャルド
※ステーションワゴンはスポーツ、本革仕様含む

Cクラスクーペの主な変更点
 C 180 クーペ スポーツの装備を見直し、シートヒーター(前席)、メモリーシート
(前席)、ドアを閉めてイグニッションをオンにするとシートベルトが
自動的に前方へ押し出され、乗員が簡単にシートベルトを引き出すことができる
オートマティックベルトフィーダーを標準装備。メーカー希望小売価格を改定。
(消費税込み+16万円)
 トランスミッションを、従来の7速からメルセデス最新の9速オートマティックトランス
ミッション「 9Gナインジー-TRONICトロニック」に変更。
メルセデス・ベンツの中での最も変速段数が多いこのトランスミッションは、
1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速ショックと
エンジン回転数の上昇が抑えられ、高い快適性と静粛性を実現。
(対象モデル: C 180 クーペ、C 180 クーペ スポーツ)




メルセデスベンツニュースリリース
http://www.mercedes-benz.jp/news/release/2017/20170201_1.pdf
メルセデスベンツ
http://www.mercedes-benz.co.jp/


follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク