ホーム > 日本車 >マツダ >マツダ 新型 CX-4「中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー2017」をマツダとして初受賞

マツダ 新型 CX-4「中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー2017」をマツダとして初受賞

マツダの新型CX-4は「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを発表した。
新型CX-4は中国では2016年6月から発売となり 日本発売は2017年3月予定である!!

SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術と「魂動(こどう)」デザインを全面的に採用した、
マツダ新世代商品の最新モデル。
「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプトのもと開発された。
アテンザベースのSUVクーペモデルとなる!!

CX-4 中国モデル
全長:4,633mm
全幅:1,840mm
全高:1,535mm
ホイールベース:2,700mm

SKYACTIV-G 2.0
2.0L 直列4気筒DOHC
最大出力:155ps/6,000rpm
最大トルク:20.0kgm/4,000rpm
トランスミッション:SKYACTIV-6MT / SKYACTIV-DRIVE 6AT
駆動方式:FWD

マツダニュースリリースより

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、中国自動車専門メディア編集長クラブとPRIME RESEARCH & Consulting (Shanghai)社が主催する「2017中国カー・オブ・ザ・イヤー(第四回)」において、「マツダ CX-4」が「2017中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞したことを発表しました。マツダ車による同賞受賞は今回が初めてとなります。


 「CX-4」は、マツダの「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、今年の6月に中国に導入されたクロスオーバーSUVです。「Exploring Coupe(エクスプローリング・クーペ)」というコンセプトのもと、美しいデザインによる「際立つ存在感」、日常の扱いやすさに注力した「考えぬかれた機能性」、本格SUVに劣らぬ地上高と大径タイヤ、そして新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD(アイ・アクティブ・エーダブリュディー)」による走破性、さまざまなシーンでの「人馬一体」の走り、優れた環境・安全性能を提供価値とするこの商品は、2016年10月末までに合計21,860台を販売しています。

 CX-4の小泉巖(こいずみ いわお)チーフデザイナーは、「この度は、中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤーという栄誉を賜り誠にありがとうございます。『CX-4』のデザインの真価を中国の皆さんにご理解いただけたことは私にとっても大きな喜びです。『CX-4』の美しさが多くの皆さんの共感を得、中国のお客様に誇りと歓びを提供し、マツダとの強い絆となっていくことを願ってやみません」と述べました。

mazda_cx_4_03311.jpg
新型CX-4

マツダニュースリリース

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2016/201611/161118a.html




この記事が気に入ったらいいね!しよう

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookコメント

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク