三菱 新型 エクリプス クロス PHEV車 クロスオーバーSUV ジュネーブ・モーターショー2017世界初公開 2017年発売!!

三菱は新型エクリプス クロスを2017年に発売する!! 2017年2月14日新型コンパクトSUVの車名を「エクリプス クロス」に決定したと発表した。 2017年02月28日に事前に仕様と画像が公開された。 2017年3月7日から開催されるジュネーブ国際モーターショー2017にて量産モデルを 世界初公開する!! 新型コンパクトSUV 「新型エクリプス クロス」は、コンパクトSUV「RVR」と ミッドサイズSUV「アウトランダー」「アウトランダー...

続きを読む

三菱 新型 ギャラン フォルティス (グランド ランサー) マイナーチェンジ ダイナミックシールド採用 フロントマスク一新 台湾 2017年4月6日発売!!

三菱はランサー(日本名はギャランフォルティス)マイナーチェンジを行い新型グランド ランサーを2017年4月6日に台湾、中国市場向販売を開始する。現在のところ日本で発売される予定はない。2017年2月14日台湾にて新型グランドランサーを発表した。ギャランフォルティスを名乗るのは日本国内仕様のみであり、日本国外ではランサー、ランサーEX中国市場,台湾ではランサーフォルティスなど各国に応じた名前で販売されている。新型グ...

続きを読む

三菱 新型 デリカD:6 フルモデルチェンジ D:5後継 クロスオーバーMPV 改良版 クリーンディーゼル搭載 MITSUBISHI XM Concept 2017年5月発売!!

三菱は新型デリカD:5のフルモデルチェンジを行い新型デリカD:6を2017年5月に発売する予定だ。 現行モデルは2017年3月に受注生産を終了する。 デリカD:5について デリカD:5はデリカスペースギアの後継車種であり、世界で唯一のオールラウンダーミニバン (SUV・ミニバン型)の乗用車である。 「D:5」はデリカ(DELICA)の5代目を意味する。 2007年1月31日から販売を開始。 2012年12月26日からクリーンディーゼル車の販売を...

続きを読む

三菱 新型 RVR ビックマイナーチェンジ ダイナミックシールドを採用 日本2017年2月9日発表 2月16日発売!!

三菱は新型RVR (アウトランダー スポーツ)をマイナーチェンジを2017年2月9日発表した。日本での発売は2017年2月16日となる。価格:205万8,480円〜248万7,240円新型RVR新型RVRマイナーチェンジモデルの正式発表について2015年11月17日から開催されたロサンゼルスモーターショー2015で世界初披露した。 2016年4月25日から開催される北京モーターショー2016において新型ASX(日本名:RVR)をアジア初披露した!!今回のマイナーチェン...

続きを読む

三菱 新型 デリカD:2 / CUSTOM フルハイブリッド JC08モード燃費32.0km/L 2017年1月26日発売!!

三菱は新型デリカD:2/CUSTOMのフル(ストロング)ハイブリッドを 2017年1月26日発売した。スズキ新型ソリオとは大きな変更は無く、エンブレム類の変更程度である。新型デリカD:2ストロングハイブリッド価格:2,008,800~2,312,280円新型デリカD:2について三菱自動車がスズキからソリオのOEMを受け販売される車種。スズキからOEM供給を受けるのは日本向けでは初となる。2011年2月24日デリカD:2を公式発表、2011年3月10日販売開始。2015...

続きを読む

三菱 新型 パジェロミニ フルモデルチェンジ ダイナミックシールド採用 4ドアで復活 2018年発売!!

三菱は新型パジェロミニの復活をしフルモデルチェンジを行い2018年発売する!!日産との合弁会社である合弁会社NMKVが企画開発を行い、三菱が生産して日産にも供給する。パジェロミニについて1994年~2013年までパジェロの弟分として発売した軽自動車SUVである。初代 H51/56A型 1994年12月に発売パジェロの技術を最大限に凝縮した、軽自動車を発売。2代目 H53/58A型1998年10月も軽自動車規格の変更に対応してフルモデルチェンジ。2...

続きを読む

三菱 新型 パジェロ デューククロス フルモデルチェンジ クーペSUV 2.5Lエンジン +モーターの PHEV車へ ジュネーブ国際モーターショー2017公開!! 2018年発売!!

三菱は新型パジェロ デューククロスをフルモデルチェンジし2018年に発売する予定だ!! 三菱自動車工業株式会社は特許庁に2016/05/23に出願している DUKE CROSS(呼称:デューククロス)が新型パジェロのグレードである。 新型コンパクトSUV 「新型パジェロ デューククロス」は、 コンパクトSUV「RVR」とミッドサイズSUV「アウトランダー」「アウトランダーPHEV」の クロスオーバーSUVラインアップに新たに加わるクーペSU...

続きを読む

三菱 新型 RVR フルモデルチェンジ「eX Concept 」コンパクトクロスオーバーSUV 航続距離400km!!次世代EVシステム採用だ!! 2019年内に発売!!

三菱は新型RVRの開発を進めており、EV車として開発が進んでおり2019年内に発売する。コンセプトモデルについて新型モデルのコンセプトカー「MITSUBISHI eX Concept」を第44回東京モーターショー2015(10月30日〜11月8日)に出展すると発表した。これが、新型RVRである!!eXは「electric X (cross) over」の略、で世界初披露である。SUVとクーペスタイルを融合させ、街を疾走するスポーツクロスオーバースタイルで大容量(45kWh)...

続きを読む

三菱 新型 RVR フルモデルチェンジ PHEV車 クロスオーバーSUV 「XR-PHEV II Concept」 カッコイイ!!2017年発売!!

三菱は新型 RVR をフルモデルチェンジを2019年に行う予定だ!! RVRについて RVRは現行は3代目で2010年から販売を開始している!! 2台目の生産を2002年に終了し約7年間の時を経て、アウトランダーのコンポーネンツを 流用したコンパクトSUVとして復活し発売開始。 それもあり、海外ではアウトランダースポーツとして販売されている! 2017年にはマイナーチェンジを行い 「ダイナミックシールド(Dynamic Shield)」を採用す...

続きを読む

三菱 新型 ekスペース /カスタム マイナーチェンジ ツートンカラーを採用 2016年12月21日発売!!

三菱は新型ekスペース/eKスペース カスタムをマイナーチェンジを行い2016年12月21日に発売した!!eKスペース:123万9840円~169万200円eKスペース カスタム:156万8160円~193万5360円同時に日産自動車も新型デイズルークスのマイナーチェンジを行なった。ekスペースについて2013年6月に発売された3代目eKに次ぐ、三菱自動車工業と日産自動車が共同出資するNMKVが開発を手掛ける車両の第2弾として、日産ではデイズルークスの車種名...

続きを読む

三菱自動車 カルロス・ゴーン氏 次期会長となる 日産自動車社長も兼務する 12月に開く臨時株主総会後に正式決定 !!

日産自動車社長兼最高経営責任者(CEO) / ルノー取締役会長兼CEO (PDG)のカルロス・ゴーン氏が三菱自動車の次期会長になることが2016年10月19日にわかった。時事ドットコムより三菱自動車の次期会長をカルロス・ゴーン日産自動車社長が兼務することが19日、分かった。日産は今月中にも三菱自に34%を出資して事実上の傘下に収めた後、抜本的な経営改革を進める。出資完了後の12月に開く三菱自の臨時株主総会後に正式決定す...

続きを読む

三菱 新型 グランドツアラー 「Ground Tourer Concept」クロスオーバーSUV パリモーターショー2016にて2016年10月公開!!

三菱は新型グランドツアラーコンセプト 「Ground Tourer Concept」を2016年10月開催のパリモーターショー2016にて公開すると発表した!!新型グランドツアラーコンセプトは新しいデザインランゲージのクロスオーバーSUVでありプラグインハイブリッドモデルもある様子だ。つまり、ブランド共通デザインであった、ダイナミック・シールドではないデザインを採用したモデルである!Ground Tourer Concept今後新しい情報が入り次第お伝...

続きを読む

三菱自動車 ekワゴン JC08モード燃費30.4km/L→25.8km/L 最大16%悪化 国交省の計測

三菱自動車と国土交通省は2016年6月21日燃費不正問題で燃費データが改ざんされていた軽自動車4車種の燃費について新届出燃費値を発表した。発表内容の中には実際のカタログ値よりも最大で約16%悪かった!!eKワゴン「M」「M e-Assist」「G」「G Safety Package」(2WD)JC08モード燃費30.4km/L→25.8km/LeKカスタム「T Safety Package」(4WD)JC08モード燃費25.0km/L→21.8km/LeKスペース「G Style Edition」(4WD)JC08モード燃費...

続きを読む

三菱自動車 下請け7800社を直撃 地域経済や雇用に影響

三菱自不正、下請け7800社を直撃 地域経済や雇用に影響  三菱自動車が燃費データ不正問題により、岡山県倉敷市の水島製作所での軽自動車の生産を停止したことで、約7800社とされる下請け企業への影響が懸念されている。すでに県内では操業停止に踏み切る取引先が出始めた。三菱自の従業員約1300人も自宅待機が続いており、地域経済や雇用への打撃は避けられない状況だ。 岡山県は28日、商工団体や金融機関を集め...

続きを読む

三菱自動車 1991年(25年前)から燃費データ不正測定 社長「会社存続に関わる」

三菱自動車、25年前から不正データ 社長「存続に関わる」三菱自動車の燃費偽装問題で、同社は26日、法定の方法と異なるデータ測定を1991年から続けていたと明らかにした。競合他社を意識した燃費目標を達成するため、一部の車種で実測したデータを使って、架空のデータを机上計算していたことも判明。相川哲郎社長は「会社の存続に関わる事案」と謝罪した。三菱自は同日、国土交通省にこれらの事実を報告したが、同省は不...

続きを読む

三菱自動車 新たに1車種 i-MiEVも疑い 燃費試験における不正行為 燃費を実際以上によく見せる不正な操作をしていた!!

三菱自動車の燃費試験データ不正問題で、新たに1車種でも法令とは違う方法で燃費試験用データが測定されていたことが21日、分かった。ほかに4車種でも同じ方法だった可能性が高い。三菱自が現在、国内で生産・販売している全車種のうち半数以上が法令と違う方法で測定されていた可能性が出てきた。関係者によると、20日に国土交通省に報告した4車種のほかに、「i-MiEV」でも道路運送車両法で定める方法とは異なる方法で燃費...

続きを読む

三菱自動車 eKワゴン eKスペース62万5千台 燃費試験における不正行為 燃費を実際以上によく見せる不正な操作をしていた!!

三菱自動車工業は2016年4月20日に2013年6月から生産されたeKワゴン/ eKスペースと、日産自動車向けに供給している デイズ / デイズルークスの計4車種62万5000台が該当する燃費試験における不正行為があったという告を受けて記者会見を実施した。型式認証取得の燃費試験において不正行為があり記者会見に出席した三菱自動車工業株式会社 取締役社長兼COOの相川哲郎氏は、「申し訳ございませんでした」とお詫びの言葉を述べた。記載...

続きを読む

三菱 新型 ミラージュ マイナーチェンジ フェイス変更 予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」全車に標準装備 JC08モード燃費25.4km/L 2016年1月14日発売へ!!

三菱はミラージュのマイナーチェンジを2016年1月14日し発売を開始しする。価格138万240円~148万5000円2015年11月17日から開催される、ロサンゼルスモーターショー2015で発表した。 現行は6代目で世界戦略車のコンパクトカーとして復活。2012年8月に日本でも公式発表となり、12年ぶりにミラージュが復活した。今回のマイナーチェンジではフェイスを一新し、カワイイイメージからスポーツ路線へ変更を行った。フロントグリル、バン...

続きを読む

三菱 新型 ギャランフォルティス(ランサー)マイナーチェンジ フロントマスク一新 2016年発売!!

三菱はランサー(日本名はギャランフォルティス)マイナーチェンジを行い2016年モデルの販売を開始する。ギャランフォルティスを名乗るのは日本国内仕様のみであり、日本国外ではランサー、ランサーEX、ランサーフォルティスなど各国に応じた名前で販売されている。2015年3月に全グレードの日本向け販売終了。ホームページの掲載も終了した。なお輸出向け「ランサー」並びに「ランサースポーツバック」としては引き続き輸出諸外国...

続きを読む

三菱 新型 チャレンジャー(パジェロスポーツ) バンコクモーターショー2015年8月1日に発表!!

三菱は新型 チャレンジャー(パジェロスポーツ)を2015年8月1日に行われたバンコクモーターショー2015で発表された。三菱のチャレンジャーは現在はパジェロスポーツまたは、パジェロダカールとして世界各国(日本除く)で販売されている。日本でも1996年から2001年まで販売が行われていた。現行は2代目で2008年から販売されており、2016年にフルモデルチェンジを果たすこととなりそうだ。気になる発売日は2016年8月頃と言われている...

続きを読む

三菱 新型 アウトランダー PHEV マイナーチェンジ フロントデザインを一新 大幅改良 6月18日と7月9日発売!!

三菱自動車はアウトランダーとアウトランダーPHEVをマイナーチェンジした。 4月から行われる、ニューヨークモーターショー2015の2日目となる4月2日に発表される画像が公開された。 初代アウトランダーは2005年-2012年まで発売されており 現行モデルは2012年から現在までの販売となっていおり、今回2016年モデルでマイナーチェンジを迎えることとなるう。 アウトランダーはエアトレックの後継車種だが、サイズは一回りほ...

続きを読む

三菱 新型 ランサーエボリューション ファイナルエディション 1,000台限定販売 2015年8月発売!!

三菱はランサーエボリューションⅩの特別仕様車「ランサーエボリューション ファイナルエディション」の発売を2015年8月に開始する。先駆け、4月10日(金)より全国の系列販売会社を通じて先行受注の受付を開始した。販売台数は1,000台限定車両本体のメーカー希望小売価格4,298,400円(消費税込み)本モデルで「ランサーエボリューションⅩ」は生産終了。1,000台に達し次第受付終了となる。2.0L MIVECターボエンジンを搭載。今回の特...

続きを読む

三菱 新型 ランサーエボリューションX ファイナルエディション 史上最強!! 480ps !?

三菱はランサーエボリューションXの最終モデルの開発を進めている。 2015年1月9日に行われた「東京オートサロン2015 with NAPAC」でコンセプトモデルが出展された。 5速マニュアルトランスミッションを搭載した「GSR」をベースとし、精悍さを引き立てるマットブラックのボディに、アクセントとしてルーフやリヤスポイラーなどを光沢のあるグロスブラックとしたほか、フロントグリルのフレームはダーククロームメッキに。イン...

続きを読む

三菱 新型 アウトランダー PHEV Concept-Sを公開!!

三菱自動車は、2014年10月2日(木)から[一般公開は4日(土)から]19日(日)まで、フランス・パリ市のパリエキスポで開催されるLe Mondial De L'Automobile 2014(通称:パリモーターショー)において、世界初の4WD・ SUVプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』をベースとしたコンセプトモデル『アウトランダーPHEV Concept-S』を参考出品(世界初披露)します。 また、『アウトランダーPHEV』の2014年アジアクロスカ...

続きを読む

三菱 新型 アウトランダー PHEV 新デザイン「コンセプトS」を公開!!

三菱自動車は、パリモーターショー2014に出品するコンセプトモデル「Outlander PHEV Concept-S」のスケッチを公開。このアウトランダー PHEV コンセプトSについて、エクステリアとインテリアのスタイリングを変更した生産モデルのためのスペシャルパッケージである、現時点で具体的な詳細は明らかにされていない。スペックなども不明。スケッチからするとデザインはかなり良いものになっており今後期待できる1台である。新しい情報...

続きを読む

三菱 新型 ランサーエボリューションX 一部改良 7月10日発売 6速ツインクラッチ車は2014年度内に生産終了

三菱自動車は、高性能4WDセダン「ランサーエボリューションX」を一部改良し、全国の系列販売会社を通じ、5速MT車は7月10日(木)から、6速ツインクラッチSST車*1は8月1日(金)から販売。価格は389万9880円~540万5400円である。6速ツインクラッチSST車は2014年度内に生産を終了する予定、成約者には「Twin Clutch SST FINAL」と打刻したアクセントスカッフプレートとシリアルナンバー入りプレート(シフトパネルに装着)をプレゼ...

続きを読む

三菱 新型 アウトランダー PHEVがマイナーチェンジ

三菱はアウトランダーPHEVが2014年5月29日からマイナーチェンジを発表された。 SUVとして世界初のプラグインハイブリッドカーとして2013年1月に発売されたが今回初のマイナーチェンジとなる。新デザインのフォグランプメッキベゼルやフロントバンパー下部にスキッドプレート(シルバー)を採用したことでフロントのイメージを変身。ガソリン車のアウトランダーも同じくマイナーチェンジをした。全長: 4655mm全幅:1810mm全高:168...

続きを読む

三菱 ランサーエボリューション 最終版 ファイナルエディション?! 2014年発売か?! その後PHEVとして

三菱は以前にもお伝えしたランサーエボリューションシリーズを終了すると発表した。1992年発売の初代モデルから通算10代に渡って販売されてきた。このまま終了かと思われたが噂では最終版として集大成(ファイナルエディション?!)が2014年に出るのでないかと言われている。その後、仕様を変えパワーレンジをPHEV化したランサーを発売する。ASXコンパクトSUV(三菱RVR)1.1Lの3気筒、135psターボ過給のガソリンエンジンと、162ps...

続きを読む

三菱 ランサーエボリューション生産終了へ 販売落ち込み

三菱自動車は28日、世界のラリー競技で活躍したスポーツセダン「ランサーエボリューション」の生産を終了する方針を明らかにした。より燃費を重視した環境対応車の開発に経営資源を振り向けることとなった。ランエボは平成4年に初代が発売され、現在は10代目で国内や欧米など世界で累計15万4千台を売った。7年前に発売した10代目のモデルで生産を終了する方針を固めました。今後、三菱自動車は、販売が好調なSUVや、プラ...

続きを読む

スポンサードリンク

サイト内検索

Facebook Twitter LINE

友だち追加数
Facebook、Twitter、LINEなどに更新情報を配信してます。 いいね!フォロー 友だち追加お待ちしてます!!

Google+

スポンサードリンク

更新情報

人気記事ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

楽天

スポンサードリンク